こども達に、薬について理解を深めてもらうための「こどもお薬教室」やオリジナルの絵本、そして地域の方々とのコラボレーションによる「漢方DEクッキー」の販売など、地域に貢献できる各種事業を展開しています。
こだわり > ・地域活動  ・社員教育  ・学術活動

こどもお薬教室

子供お薬教室 てまり薬局グループ各店舗、EHMメディカルの各店舗では、子供たちに薬や薬局などへの関心を高めてもらうべく、地域のこどもたちを集い定期的に「こどもお薬教室」開催しています。 薬ができるまでの工程を学習し、調剤体験ができます。

こどもお薬教室の風景
  • 子供お薬教室2
    初めての体験にワクワク
  • 子供お薬教室3
    数は合ってるかな
  • 子供お薬教室4
    間違えないように
  • 子供お薬教室4
    白衣が似合っています
  • 子供お薬教室4
    お母さん達も見学
  • 子供お薬教室4
    問題で~す

オリジナル絵本「森のくすりや モモちゃん大活躍」

森のくすりや モモちゃん大活躍 スパーテルでは、薬の重要性や取扱い、薬剤師の仕事などを子どもたちに知ってもらおうと、絵本「森のくすりや モモちゃん大活躍」を作成しました。主人公の白猫の薬剤師、モモちゃんが森に住む動物たちから病気やけがから守るために活躍する物語です。
さし絵は、エフエム石川のパーソナリティでもある松岡理恵さんがかわいく描いています。

絵本の概要
表題:「森のくすりや モモちゃん大活躍」
大きさ:B5判横書きカラー
ページ数:16ページ
作成部数:1000部
内容:オリジナルの4つの短編物語で構成。物語を通じて「薬のかたづけ方」「薬を使うときの約束」「薬を飲むときの時間」「薬の飲み方」「かかりつけの薬局や使った薬を記録する薬手帳を持つことの大切さ」などを教えています。
発行:株式会社スパーテル
文:浦上豊成、橋本昌子
絵:松岡理恵
監修:橋本昌子
参考資料:「くすりってなあに?」「医薬品の正しい使い方」(財団法人日本学校保健会)

森のくすりや モモちゃん大活躍

デジタル紙芝居「森のくすりや モモちゃん大活躍」

絵本「森のくすりや モモちゃん大活躍」は、関西テレビ放送(カンテレ)が運営する医療情報の「めでぃちゃん Medical Media Channel」で、デジタル紙芝居として脚色・制作されました。読み手は絵本の作画担当でもあるエフエム石川のアナウンサー松岡理恵さんです。YouTubeの関西テレビ公式サイト「カンテレChannel+」でいつでも見ることができます。

おくすりバラバラ事件の巻
夏休みのお薬教室の巻
ピクニックのお弁当の巻
雪道でころんだおじいちゃんの巻

漢方DEクッキー

漢方deクッキー スパーテルでは、高岡市で手作りクッキーを製造販売しているポインセチアさんとのコラボレーションにより薬膳クッキー「漢方DEクッキー」を企画しました。てまり薬局各店で販売しています。

Copyright(c) 2011 SPATEL Co., Ltd. All Rights Reserved.